MEMBER

  • 佐藤 成葉
  • 佐藤 成葉Naruha Sato

    • 生年月日
    • 1997年10月3日
    • 出身地
    • 神奈川県
    • 出身校
    • 立命館大学
    • 試合前食べる物
    • 決まった物はないです
    • 試合後食べる物
    • そのとき一番食べたい物
    • 嬉しかった試合
    • 大学4年の全日本インカレ
    • 悔しかった試合
    • 昨年のクイーンズ駅伝
    • 選手でなかったら
    • 看護師
    • 子供の頃の習い事
    • 水泳
    • 好きな食べ物
    • ベーグル、スコーン
    • 嫌いな食べ物
    • チーズ、牛乳
    • 好きな番組
    • ラビット
    • 好きな歌手
    • ONEOKLOCK、ENHYPEN
    • 好きな芸能人
    • 坂口健太郎
    • 特技
    • 韓国語で挨拶
    • 実は○○が得意
    • 趣味
    • インスタでレシピ動画を見ること
    • 私の性格を一言で
    • めんどくさがり
    • ニックネーム
    • なる、なるは
    • 尊敬する人
    • 座右の銘
    • なんとかなる!
    • 自分へのご褒美
    • アイス♡
    • アウトドア派?
    • インドア派?
    • ×
    • リラックス法
    • お出かけや買い物で思いっきり遊ぶ!
    • コロナが明けたら
    • ワンオクのライブで歌う!韓国旅行!
    • 地元自慢
    • *高座渋谷駅
    • 高座渋谷駅の理由
    • 渋谷駅より先に渋谷が名前に入った!
    • ★質問続きます★
    • このページをスクロール ↓↓↓

『オールマイティ』 なエース候補 ~謙虚に“ひたむき”に、内面の伴った強さを磨く~

■元学生女王は資生堂で夢を叶える

2019年の日本インカレ5000m、10000mの2冠を果たした元学生女王です。
「自分の興味のあることで、人を喜ばせる仕事に就きたい、そして競技で世界も目指したいし、駅伝で優勝もしたいと思ったんです。それを全て実現できる会社だと思い、資生堂に決めました」
トラック、駅伝の両方でハイレベルな結果を残し続け、岩水監督も「どんなレースや展開でもオールマイティに対応できる選手」と信頼を置く逸材です。ただ佐藤自身はまだ自分の強みを作りきれていないと言います。
「強みを聞かれるのが一番困るんですよね(笑)。強いて挙げればリズムに乗ればある程度のペースでも維持できるところかな。トラックではもっとラストで勝負できるようになりたいですし、駅伝ではひとりで押していく力もつけたいと考えています」
今の個人としての目標はパリ五輪5000m出場。入社後、練習での走行距離も増え、地道に走り込む日々を送っています。

■資生堂の商品で自信を与えることができる存在になりたい

所属はプレステージマーケティング部BAUMグループ。マーケティング業務全般のサポートをしています。
「入社して最初に任された仕事は化粧品のサンプルにシールを貼る仕事だったんです。店頭に並ぶものに直接関われていることが本当に嬉しかったですね」
学生時代の友人にオーガニック化粧品の好みや選び方をヒアリングして発表したり、BAUMの販売促進のためのアイデアを考えたり、またその過程でマーケティング基本やプロセスを学んでいます。
「私の提案したことが少しでもチームや会社の参考になったりすれば嬉しいですし、やりがいを感じます。もっとアイデアを出す経験を積んで、さらにそれを実現できるようになりたいです」
入社前、当時監督だった川村GMから伝えられた「化粧品は人に自信を与えられる」の言葉に共感しました。佐藤も化粧品をつけることで緊張感がある場面を乗り越えた経験があります。頑張る人の背中をそっと押してあげられるような資生堂の商品をもっと世の中に広めていきたいと考えているそうです。

■「人として」の内面の美しさの体現を目指す

資生堂ランニングクラブのスローガン「強く、速く、美しく。」を体現するために。それも自分なりの明快な考えも持っています。
「美しさとは人としての内面の美しさで、それが伴っていてこそ本当に強い選手だと理解しています。そのためには謙虚な姿勢でアドバイスを受け入れ、応援してくれる人たちに恩返しする気持ちを持ち続けること。そして何事も当たり前と考えないことを意識しています」
昨年のクイーンズ駅伝は高島選手の急遽の欠場により、直前に1区へ変更となりました。苦手意識のある区間でしたが、区間7位と仕事を果たし、自信を得ました。
「でも、まだまだもっと走れるようにならないと。高島さん、木村さん、そして(五島)莉乃に並べるだけの力をつければ、区間の組み立てもいろいろできるし、チームの負担も減らすことができるはずです」
現在の所属部署からの応援も実感しており、コロナ禍で中断されている社員とのランニング交流イベント「FUNRUN」も早く復活して欲しいと願っています。
「会社の方には競技の結果などについて話しかけていただけたら嬉しいです」
アスリートとして、資生堂の社員として。日々、謙虚に成長を求め続ける毎日です。

種目別ベストタイム

  • 1500m
  • 4分22秒85
  • 第71回京都陸上競技選手権大会
  • 5000m
  • 15分27秒80
  • 第275回日本体育大学長距離競技会
  • 10000m
  • 31分52秒43
  • ディスタンスチャレンジin京都2021(2021/12/10)
  • ハーフマラソン
  • 1時間11分14秒
  • 第50回全日本実業団ハーフマラソン(2022/02/13)

主な成績

  • 2021年
  • 10000m/31分52秒43
  • ディスタンスチャレンジin京都2021
  • 2019年
  • 5000m / 15分47秒07 / 1位
  • 天皇賜盃第88回日本学生陸上競技対校選手権大会
  • 2019年
  • 10000m / 33分24秒98 / 1位
  • 天皇賜盃第88回日本学生陸上競技対校選手権大会
  • 2018年
  • 5000m / 16分25秒73 / 7位
  • 天皇賜盃第87回日本学生陸上競技対校選手権大会
  • 2017年
  • 5000m / 16分07秒09 / 3位
  • 天皇賜盃第86回日本学生陸上競技対校選手権大会

資生堂について(Q&A)

■資生堂ってどんな会社?
美の可能性で人を幸せにする会社
■資生堂に入社したからこそ、わかった魅力
一つの商品やブランドを作るのにたくさんの時間とあたたかな思いが込められていること
■資生堂の好きな商品
BAUMのオーデコロン
■資生堂CMに出演が決定しました。誰と共演したい?
広瀬すずさん
■あなたが特にこだわっているTRUST8は?
BE ACCOUNTABLE
■魚谷社長へ一言
一緒に走りたいです!

陸上・ランニングクラブについて(Q&A)

■陸上を始めたきっかけ
中学生の部活選択で球技できないけど走ることは好きだったから
■競技をする上で、一番大切にしていること
感謝の気持ちを忘れないこと
■資生堂ランニングクラブに決めた理由
興味のある仕事を学びながら競技でも世界を目指せる環境と駅伝優勝を目指せるチームであると思ったから
■資生堂ランニングクラブのいいところ、好きなところは?
寮がきれいなところ
■資生堂ランニングクラブデビュー戦の感想・思い出
資生堂のピンクのユニフォームとチームジャージのデザインが大好きで気持ちが高まりました
■一番好きな寮飯は?
フレンチトースト
■メンバー全員で遊びに行くならどこに行きたい?
海でバーベキュー!お肉大量で!